第6ボタンとは?

ながみねひとみの作品を公演するために2011年に発足。毎回公演ごとに客演を募って行う企画の総称。

毎回、出演をしてくれる付き合いの長いメンバーは「レギュラー」と呼ばれているが、劇団ではない。あくまで、ながみねひとみの個人ユニットである。

ダイニング公演を基盤とした「ドラマ×ダイニング ゲキウマ」という企画名で活動していた。

公演ごとに違うテーマで描くが「女性視点」という評価が多い、ゆるかったり、ダークだったり、えぐってみたり、それぞれの表情をチラつかせた作品を提供している。

 【受賞歴】

2013年11月エントレ主宰第2回クォータースターコンテストにて

鴻上尚史氏から1位をいただき総合評価の結果【優秀賞】を受賞

【第6ボタンの名前の由来】

年齢も年齢なんで、いつ、どこで、なんどき、演劇を辞めるかわからないし。

いつ、誰に文句をつけられて、消滅しなきゃならないかわからないので。

これぽっちも愛情が湧かないように、全く演劇に関係のない人間がポツリといった単語で決めました。

後付けですが、男性のシャツの6番目というのは留めないように装飾としてついているんだそうです。 「あっても、なくてもいいけど、ないと全体が様にならないお演劇。」 あぁ!なんか「かっけぇかも!」という中ニ病な理由で現在に至ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。こんな第6ボタンですが、どうかよろしくお願いいたします。

QSC参加作品「ママはたいへんよくできている」

panic buttonプロデゥース 「閻魔のかんざし」

クォータ―スターコンテスト参加作品「女が旅に出るまで」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.7 「麗しき乙女達の肖像2014」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.6 「シマリス先輩とボク」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.5 「Mr.Apple 2014」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.4 「麗しき乙女達の肖像」

クォータースターコンテスト参加作品「明日は人生初の二日酔いかもしれない」@優秀賞

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.3+α 7月編 「7月のマリン・ブーケ」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.3+α 6月編 「プツリ」

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.3 2日目だから話かけないで。

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.2 Mr.Apple

ドラマ×ダイニング ゲキウマvol.1 どっからが愛!

旗揚げ公演 スノーマン